ミラーレス一眼とオールドレンズ。

社会人2年目にしてオールドレンズにハマった人間が愛を垂れ流すブログ。

XR Rikenon 50mm f2は名ばかりじゃなかった。

 

お久しぶりです。

なんだかんだバタバタしていて更新が遅くなってしまいました。

台風が来たり、週末雨だったり・・・

 

あと、モンスターハンターワールドって楽しいですよね。

 

さて。

 

和製ズミクロン

 オールドレンズが好きな人なら一度は聞いたことのある愛称じゃないですか?

 

富岡光学という会社が製造した、標準単焦点レンズがあのライカのズミクロンに匹敵する中心解像度を得ていると当時話題になったらしいです。

 

前期型と後期型

このレンズには前後期2種類があり、前期型が金属鏡筒・最短撮影距離が0.45m・絞り値の横に50mmという焦点距離の表記があり、後期型が樹脂製で最短撮影距離が0.6m。焦点距離の表記はありません。

 

もしこのレンズを探している人はこの辺りを見て探してみてください。

和製ズミクロンと呼ばれた前期型の方が若干オークションでの価格が高めでおよそ7,000円前後からの販売ですが、時々混同して格安で販売されていることもありますよ(*゚▽゚*)

 

遅くなりましたが前期型の基本スペックはこんな感じ。

焦点距離:50mm f値2-16

・最短撮影距離:0.45m

・レンズ構成:5群6枚

・シングルコーティング

・フィルター径:

ペンタックスKマウント

 

驚異の描写

 僕が使っているa7iiは、ピント部をより厳密に合わせられるピント拡大機能があるのですが、これがMFレンズを使うにあたって非常に重宝する機能。「フルサイズで、色ノリが良くて、オールドレンズ遊びが楽しめる」そんなザックリした判断基準で探していた僕にとってはドンピシャなカメラでした。

 

そんなピント拡大機能を使ってピントを合わせていると、今まで使ったオールドレンズとは明らかに違う描写。

タクマーにも、ズイコーにも無いあの歯車が噛み合うような、パキッとキマる性能には驚きました。

今までCarl Zeiss Jena tessar 50mm f2.8というレンズが所有しているレンズの中で1番のお気に入りでしたが、あっさり上を行かれた。

鷲の目テッサーと呼ばれるほど描写が良いとされるレンズをなんの気なしに飛び越えた気がします。

レンズの癖を楽しむなら絞り解放、描写性能を最大限に発揮するには絞りを8前後にするのが一般的ですが、このレンズは解放で撮らなくていいと言うと語弊がありますが、数段絞った撮影がめちゃくちゃ楽しい。解放で撮ることを忘れさせられるレンズです。

このレンズは、どこか旅行に行く時の必須レンズになりそうです。

 

11月頭に京都に旅行するので、必ず持っていきます。

最後は作例をいくつか載せますね。

 

f:id:yoppiphoto:20191002130844j:plain

f:id:yoppiphoto:20191002130840j:plain

f:id:yoppiphoto:20191002130835j:plain

f:id:yoppiphoto:20191002130825j:plain

f:id:yoppiphoto:20191014234947j:plain

f:id:yoppiphoto:20191014235008j:plain



さあ、次はどのレンズと、どこに行こうか。