ミラーレス一眼とオールドレンズ。

社会人2年目にしてオールドレンズにハマった人間が愛を垂れ流すブログ。

【協力求む】災害の爪痕は凄まじい。佐賀県の今

「豪雨災害」

中国地方・九州地方の人間ならば覚えていると思う。

2009年夏、死者31名・負傷者55名にも及んだ「平成21年7月中国・九州北部豪雨」

死者多数、目に見える山々は地滑りだらけ、各地で床下・床上浸水の被害が出ました。

そんな災害が起きてから、毎年どこかで豪雨災害が起きているような気がする。

僕も数時間、もしくは数十分に一度鳴り響く町内放送のサイレン音に怯えた一人です。

あれは本当に怖かった。

ja.wikipedia.org

 

2019年夏、九州を襲った大雨で佐賀県 武雄・大町町(おおまちちょう)周辺が甚大な被害を受けました。

恥ずかしい話あまりテレビを見ないので、ここまで大事態になっているとは知りませんでした。

仕事の息抜きにヤフーニュースを見ていると、鉄工所から流出した油によって農作物が壊滅し、行き場のない怒りと悲しみに打ちひしがれた記事を見つけた。

headlines.yahoo.co.jp

 

山口・九州の豪雨災害から10年。今僕は福岡に住んでいる。記事にあった佐賀県大町町までは電車で1時間少々。何もせずにただ傍観するだけでいいのか?あの恐怖体験をしたからこそ、何か、何か出来ることがないか?とウズウズした。

 

クラウドファンディングがあるじゃないか。

 募金を集めるような時間は取れない。

でも何も出来ないのも歯がゆい。

そうだ。クラウドファンディングなら僕にも出来るんじゃないのか。

でもまずは準備が必要だと思う。皆様から協力を得るには何が必要か。それは「リアリティ」だと思う。

今週末、僕は佐賀県大町町まで写真を撮りに行くことにした。雨っぽい予報ではあるけど、幸い台風は逸れてくれそう。

車も持ってなければ運転も出来ないスーパーペーパードライバーなので、電車のみで現場に辿り着けるかはちょっと不安。でも僕はやる。10年前、身近に迫った恐怖を味わったからこそ、動きます。

 

正直なところ、クラウドファンディングのリターンをどうしようとか、22歳の一般社員が達成できるのかとか、まだまだフワフワした部分がたくさんなので…まずは佐賀県の現状をこの目で見てこようと思います。

どうか、ご協力お願いします!!!!

 

もしよければ、記事の共有もお願いします。