ミラーレス一眼とオールドレンズ。

社会人2年目にしてオールドレンズにハマった人間が愛を垂れ流すブログ。

【転職】決意固めました。

f:id:yoppiphoto:20190903210540j:plain


転職。

写真関係の仕事がしたいという考えが頭から離れなくなりました。

今までは「趣味を仕事にすると嫌いになる」という声がこびりついて、決断し切れずにいました。

世の中の転職イメージはどうなのか。

専門学校の先生には「この業界は職場を変えて様々な知識を得る世界」と言われました。

でも、世間一般的な意識は本当にそうか。

定職に就いて、そこに勤め上げる事が正義という考えの方がまだ多いんじゃないのか。

転職=マイナスイメージ ではないか。今の仕事から逃げると捉われないか。

今までも何度か仕事変えたいとか、ここを離れたいとか、考えました。でも、辞めなかった。

それは、収入が変わる不安だったり、転職した先でちゃんと働けるかが分からなかった。いわゆる覚悟が無かった。

 

覚悟ができた

それでも写真の仕事をしてみたいと考えている時、ふと「そういえば資格とかあるのかな」と思いついて、調べてみたところ「フォトマスター検定」というものが存在することを知りました。

その検定はあくまで検定なので、それが無いとプロの写真家や販売員になれないというわけでは無いです。つまり免許ではない。

深く深くカメラの知識を得ることができるツールであるということ。

カメラという、特にマニアが多い業界だからこそ渡り歩くためには必要な知識がわんさかあって、カメラとは全く関わりのない仕事から転職する際に必要だと思ったから勉強をするという、ただ単純な理由です。

 

目標と具体的な活動

去年、今年と11月に試験があるようなので、来年もおそらく11月でしょう。それまでに勉強をして1級を取るのが目標。

1級は写真教室の指導者を目指すレベルで、かなり高度な知識を得る必要があるんだとか。

正直、実践の肌感覚で得られる知識もあるだろうから、そこまで勉強できるかが不安なところで、もしかしたら準1級(趣味を極めるレベル)に目標を下げる可能性もある。あくまで取得がボーダーライン。

フォトコンに応募してみたりとか、実績を残せればもっと有利になるかもってことで、積極的にやってみようと思います。

 

人生は全て先行投資でできている。

一番身近なところでいったら、買い物メモでしょうか。

ボディソープが無くなって、iphoneのリマインダー(指定時刻や指定場所に近づいたら事前にセットしておいたメモが通知される機能)をセットしていたから、ちゃんと買い物が出来た。とか。

何時間か前に「忘れないように」セットしておいた(先行投資)からこそ、買い物を忘れなかった。(投資の成果)

もちろん負の先行投資もありますよね。

一応母親にも転職の相談をしたら「人生一度きり、存分に試行錯誤しなさい」とのこと。息子頑張ります。ありがとう。

2年で100万貯金して、同棲するという目標はもしかしたら達成できないかもしれませんが…笑

 

好きな事を仕事にすることと収入面の不安はありますが、22歳という年齢だからこそ3,40代とは違う転職も出来るはず。何年もデスクワークを続ける今の生活は、自分の生き方とは違うなあと思って覚悟を決めました。

失敗や後悔はつきもの。笑いたい人はいくらでも笑ってください。

 

僕はやります。