ミラーレス一眼とオールドレンズ。

社会人2年目にしてオールドレンズにハマった人間が愛を垂れ流すブログ。

OLYMPUS OM G-ZUIKO 50mm f1.4で天神周辺を散歩。

f:id:yoppiphoto:20190901140750j:plain

気まぐれなじゃじゃ馬レンズ。

撮れた画像はそれぞれに個性があって、同じものは2枚とありません。全てがオリジナル。

レンズのスペックはこんな感じ。

  • 焦点距離 50mm f値1.4-16
  • 最短撮影距離 0.45m
  • レンズ構成 6群7枚
  • マルチコーティング
  • フィルター径 49φ
  • 質量230g

マウントアダプターを装着しても軽量で、扱いやすいレンズです。

ただ、レンズフィルターを装着した状態で付属のレンズフードを装着すると、うまくハマりません。

それから、一般的なレンズとピントリングと絞りリングの位置が逆になっています。


癖の強い絞り開放。

f:id:yoppiphoto:20190901142552j:plain

絞り開放にて撮影。

f:id:yoppiphoto:20190901143429j:plain

これがファインダーから覗くんです。息を飲みます。

ピント面は柔らかく、味のある周辺減光が出ます。

この日は曇り時々晴れ、コントラストが出にくい条件下ではありましたが、良い色が出ていると思います。

数段絞った時のギャップが凄い。

f:id:yoppiphoto:20190901144234j:plain

JPEG撮って出し。フラッと立ち寄った中華料理店のチャーハン



何も考えずフラフラと街スナップをしていると、創業何年かも分からない中華料理店「国際飯店」を見つけました。僕は年季の入った定食屋、中華料理店が大好き。おしゃれなカフェより壁一面油まみれのいわゆる「きたなトラン」での昼食を選びます。その店の雰囲気だけでもう、美味しい気がする。

ちなみに超常連さんっぽいオカマのお客さんから声を掛けられて、持参していたらしい有明海苔をラーメンとチャーハンに添えてくれたり、常連さんが注文していた餃子と野菜炒めをおすそ分けしてくれましたw

初めての体験ですが、これが「きたなトラン」の良いところ。人の温かみに触れられるのです。

最短撮影距離が0.45mなので椅子に座りながらの撮影はギリギリ。もう少し寄れるレンズだったら文句なしでした…

f:id:yoppiphoto:20190901145853j:plain

前ボケで股間は隠してます。安心してください、履いてませんよ。

f:id:yoppiphoto:20190901150158j:plain

ちなみに開放で撮るとこんな感じ。

このレンズの最大の特徴でしょう。2、3段絞ると急にキャラクターが変わってしまいます。開放で撮影した時と違いすぎて、開放に問題があるのかと勘違いしそうなくらい。

ボケは静かに被写体を際立たせ、その場の空気感までも閉じ込めてしまいます。面白いなぁ〜!

しっかり絞ればキレキレ!

f:id:yoppiphoto:20190901151319j:plain

f16で撮影。文句なし!

f8~16まで絞ればキレキレ、回析現象も余り見られません。たまたまかも?

逆光耐性は強くない。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、逆光に対しては余り強くありません。

パープルフリンジは派手に出るし、ゴーストもしばしば。それもオールドレンズの良いところと捉えることができれば最高です。

 

様々な表情が楽しめる、愛しいレンズ。

開放はクセモノ、絞れば男前、何度使っても面白いレンズです。

前述の通り、もう少しだけ寄れればオールマイティなレンズだったかもしれません。

 

最後に

f:id:yoppiphoto:20190901153251j:plain

ヤフオクの相場は1万円前後でしょうか、比較的安価なレンズです。

初めてのレンズに持ってこいですよ^^