ミラーレス一眼とオールドレンズ。

社会人2年目にしてオールドレンズにハマった人間が愛を垂れ流すブログ。

XR Rikenon 50mm f2は名ばかりじゃなかった。

 

お久しぶりです。

なんだかんだバタバタしていて更新が遅くなってしまいました。

台風が来たり、週末雨だったり・・・

 

あと、モンスターハンターワールドって楽しいですよね。

 

さて。

 

和製ズミクロン

 オールドレンズが好きな人なら一度は聞いたことのある愛称じゃないですか?

 

富岡光学という会社が製造した、標準単焦点レンズがあのライカのズミクロンに匹敵する中心解像度を得ていると当時話題になったらしいです。

 

前期型と後期型

このレンズには前後期2種類があり、前期型が金属鏡筒・最短撮影距離が0.45m・絞り値の横に50mmという焦点距離の表記があり、後期型が樹脂製で最短撮影距離が0.6m。焦点距離の表記はありません。

 

もしこのレンズを探している人はこの辺りを見て探してみてください。

和製ズミクロンと呼ばれた前期型の方が若干オークションでの価格が高めでおよそ7,000円前後からの販売ですが、時々混同して格安で販売されていることもありますよ(*゚▽゚*)

 

遅くなりましたが前期型の基本スペックはこんな感じ。

焦点距離:50mm f値2-16

・最短撮影距離:0.45m

・レンズ構成:5群6枚

・シングルコーティング

・フィルター径:

ペンタックスKマウント

 

驚異の描写

 僕が使っているa7iiは、ピント部をより厳密に合わせられるピント拡大機能があるのですが、これがMFレンズを使うにあたって非常に重宝する機能。「フルサイズで、色ノリが良くて、オールドレンズ遊びが楽しめる」そんなザックリした判断基準で探していた僕にとってはドンピシャなカメラでした。

 

そんなピント拡大機能を使ってピントを合わせていると、今まで使ったオールドレンズとは明らかに違う描写。

タクマーにも、ズイコーにも無いあの歯車が噛み合うような、パキッとキマる性能には驚きました。

今までCarl Zeiss Jena tessar 50mm f2.8というレンズが所有しているレンズの中で1番のお気に入りでしたが、あっさり上を行かれた。

鷲の目テッサーと呼ばれるほど描写が良いとされるレンズをなんの気なしに飛び越えた気がします。

レンズの癖を楽しむなら絞り解放、描写性能を最大限に発揮するには絞りを8前後にするのが一般的ですが、このレンズは解放で撮らなくていいと言うと語弊がありますが、数段絞った撮影がめちゃくちゃ楽しい。解放で撮ることを忘れさせられるレンズです。

このレンズは、どこか旅行に行く時の必須レンズになりそうです。

 

11月頭に京都に旅行するので、必ず持っていきます。

最後は作例をいくつか載せますね。

 

f:id:yoppiphoto:20191002130844j:plain

f:id:yoppiphoto:20191002130840j:plain

f:id:yoppiphoto:20191002130835j:plain

f:id:yoppiphoto:20191002130825j:plain

f:id:yoppiphoto:20191014234947j:plain

f:id:yoppiphoto:20191014235008j:plain



さあ、次はどのレンズと、どこに行こうか。

大町町の現状は想像以上でした。

早朝から、1時間半ちょっとかけて大町駅まで。会社の出勤時間が比較的遅いのでそれよりも早い出発。

乗り換えを繰り返して降り立った先は「ザ・田舎」でした。

駅を出てすぐ右側で、浸水したお店を片付ける人、道路を挟んで向こう側には地域の人かボランティアの方が家屋の復旧作業に取り掛かっていました。

大町駅のマップURL↓

https://goo.gl/maps/Kx7r2zCyBBQFPFwo8

 

文字が書かれたガムテープが。

あれ?ニュースにあった油の匂いは殆どない…と思いつつ、道路の向こう側へ。

「93センチ」という文字が書かれたガムテープが、家屋の壁に貼られていました。

要は氾濫した水が、93センチの高さまで上がってきたということ…単純に考えて床上浸水。殆どの家屋が床をひっぺがして枠だけになっていました。

復旧作業をしているのは、地域住民の方が多く見られ、人手不足に思えました。

 

現地の人に油が流出して被害を受けた畑の場所を聞くと、どうやら来た道とは逆だったみたい。「順天堂病院の方に行きなさい」そう言われて向かいました。

 

線路を挟んだらまるで別の地域のようでした。

f:id:yoppiphoto:20190916143800j:plain

鉄工所から油が流出し、変色した稲

f:id:yoppiphoto:20190916143906j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916144008j:plain

水かさがあった場所まで黒くなった雑草

とりあえず線路を渡って逆方面に行くと、いきなりキツい油の匂い。

地面から2メートル近くのところまで真っ白に枯れた草木。油が染みた量が多いのか、外周に沿って変色した稲…

比較するもんじゃないですが、明らかに被害の量が違いました…

側を流れる河川は、増水の跡が残っているせいでまるで「引き潮」のようでした。

 

残暑が厳しいほか、まだ地面が乾ききっていないサウナのような中の復旧作業、皆様本当にお疲れ様です。

 

人手不足。

近所の方々が復旧作業をしていく中で、ボランティアの数が少なかった。

なぜメディアは報道しない?

韓国の問題より、明日の生活を追われている住民がいるんです。ネットニュースだけでは影響力が少なすぎる。もっとテレビで報道してくれ。

 

ボランティア活動に参加しようとしている人へ

ツイッターにも書きましたが、大町駅周辺にスーパーはありません。

駅のそばに道の駅のような所を除けば、徒歩10分くらい先にセブンイレブンがある程度です。

なるべく昼食は各自で持参してください。

僕もタオルと水分を調達しに入店しましたが、現地の方とが昼食を調達していて満員でした。

地元民の方が必ず昼食を調達できるよう、各自で準備した方が良さそうです。

 

ぼちぼちクラウドファンディングをはじめます。

さて。具体的な支援活動を始めます。

クラウドファンディングの募集期間、支援金額はまだ確定していません。

来週末に情報をあげるので、もう少しお待ちください。

 

ご協力お願いいたします。

最後は現地の写真を。

f:id:yoppiphoto:20190916150210j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916150221j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916150235j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916150251j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916150309j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916150325j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916150345j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916150357j:plain

 

Super Takumar 55mm f1.8で撮る秋の始まり

みなさまこんにちは。ブログ活動をすっかりサボってしまっていたよっぴです(というか風邪を引いていました…笑)

 

さて。

 

ASAHI Super Takumar 55mm f1.8(後期型)の基本スペック

  • 焦点距離:55mm
  • f値:1.8〜16
  • 最短撮影距離:0.45m
  • M42マウント
  • レンズ構成:5群6枚
  • 絞り羽根:6枚
  • フィルター径:49mm
  • 重量216g
  • M42マウント

フレアが特徴的なタクマーのレンズ。

f:id:yoppiphoto:20190916134801j:plain

f:id:yoppiphoto:20190916142129j:plainf:id:yoppiphoto:20190916141736j:plain

 


タクマーといえばコレ。

逆光による撮影で、レンズフレアが大きく出るのが特徴で、柔らかい印象を与えます。コレが撮りたかった。

ただ、あいにく途中で曇ってしまい、綺麗なフレアが取れたのはほんの数枚だけ。今度は夕方のマジックアワーに行ってみよう。

 

アトムレンズ

コーティング技術が発展するまで、レンズに酸化トリウムを混ぜて光学性能を高める加工が施されていた歴史があります。

一部ブログには「使うだけで危険」みたいな見出しもあるみたいですが…。

普通に使う分には「問題ない」そうです。そんなに敏感にならないで大丈夫でしょう。

ただし、自己責任でお願いしますね。

アトムレンズは性質上、黄変しているものが多いですが、日光に晒すと黄変が減るのだとか。

 

タクマーは薔薇が似合う

f:id:yoppiphoto:20190916142110j:plain


個人的に推したいのがコレ。タクマーの薄い色のりと、柔らかいボケ感、そして浅い被写界深度にバラがよく似合う。本当によく似合う。

このレンズを手に入れたなら、まずバラを撮ってみて欲しいな。

 

さあ、次はどのレンズとどこに行こうか。

 

 

継続を習慣にする簡単な方法

f:id:yoppiphoto:20190912001932j:plain


習慣を変えることの大変さ

習慣って何でしょう。

僕の思う習慣とは、「無意識に行動ができる」領域にあるものだと思います。

すぐに身につくものではありませんよね。飽き性の僕は習慣にまで昇華するまで時間がかかりますし、そもそも習慣になる物事が少ないです。

 

学生時代の部活で言えば、毎朝練習がある時間に間に合うように早起きしていたら、朝練が無い日でも早起きしてしまうような。

 

 

この場合はイヤイヤでも早起きことで体内時計が習慣化したパターンですね。

でも、楽する習慣はとっても簡単ですが、自分の身を今より戒める習慣は継続しにくい…

 

そんな訳で、最近あることを目標に習慣化を目指し始めました。

低い目標・高い成果

世の中「目標と志は高く」なんていう言葉が、たくさん形を変えて存在しますね。

けど、それってしんどくない?

目標が高いせいで頑張りすぎてしまい、疲れが溜まって気がつけばやらなくなっている。そんな事例を何度も経験しました。皆さんもきっとあるはず。

 

でも、バカな僕は「習慣化できない原因」を探る前に「習慣化しようと努力しない自分」を恨むばかりでした。

 

習慣化できないのには問題があった。

目標が高すぎた。

まずは低〜い目標を掲げて実践することが大切なんですね。最近やっと知りました。

 

僕の場合は

  • 毎日1時間カメラの勉強をする
  • 腕立て、腹筋、背筋30回×3セット
  • 毎朝5分掃除をする

この3つを

  • 毎日カメラのテキストを開く
  • 筋トレをする気になる
  • 最低でもロボット掃除機のスイッチをオンにして出勤する←(良いのかコレ)

という、達成目標をグーンと下げました。

すると、気がつけば3日坊主を抜けて5日目に突入しています。今までならそもそも実践しなかったと思う。

 

「高い目標を掲げて、達成するために行動する」から「ひとまず始める環境を作りやすくする目標」にシフトダウンして、長い期間コツコツできそうです。

 

さてお気付きの方はいらっしゃるでしょうか。

ブログを継続するという目標は掲げていません。

 

日中デスクワークして、脳の糖分が0に近い状態での書き込みがまあキツイ。

今この記事を半分意識のない状態で書きながら、文面が支離滅裂になっていないかを確認する余裕もなく、体力のなさを実感しています。悔しいなあ。

 

さあ、おやすみなさい。寝るという習慣を達成してきます。

今日はどの子と、どこに行こうか。

f:id:yoppiphoto:20190907093546j:plain

いつの間にかこんなに居る。

おはようございます。

オールドレンズにハマって、ヤフオクとレビューブログを何十周もするようになって。

いつの間にか7本もオールドレンズを持っていました。

どれも良いもの。どの子も個性がありすぎて、毎回選ぶのに時間がかかってしまいます。(レンズが愛しすぎてついつい 子を付けて書いてしまう笑)

 

でも、今日は決めていました。真ん中にいる、Zoom-Nikkor 35-70mm f3.3-4.5 

この子は母親の仕事先のお客様からNikon F100を頂いた時に一緒に着けてくれていた標準ズームレンズで、一番最初に手にしたオールドレンズ。

最近転職や災害支援を決心して初心に返る気持ちです。

ニコンのオールドレンズは大半が絞り羽根が調整できないので、基本的に開放で撮影しますよね。でも流石はニコン。めちゃくちゃ良い写りするんです。

 

a7iiに装着したサイズ感も、キットレンズ(SEL2870)とほぼ同じ。お散歩にはちょうど良いです。

 

さあ、明日の準備と一緒に街スナップ行ってきます!

情報が欲しい。

下準備

昨日アップした記事の通り、週末に佐賀県武雄・大町町を撮影して現状を伝える準備に取り掛かっているんですが…

同時進行でクラウドファンディングのやり方などを調べているんです。

ただでさえ友達も少なくてネットの繋がりを頼りにするしか無い僕がどうすればより支援を募れるのか…

 

支払い方法が。

パッと調べた感じ、クラウドファンディングの支払い方法はコンビニ決済、銀行振込とクレジット情報を入力しての支払いらしい。僕としてはスマホでパッと決済できるiTunesのようなものがあればと思ったのですが。

 

やっぱりコンビニに行ったり、銀行振込だったり、クレジット情報を入力する手間があると、支援は遠ざかってしまうんじゃないかと考えてしまうんです。逆に言えばその手間を惜しんででも支援してくださる方がいるという可能性も秘めているんですけどね。

 そこでお願いです。

クラウドファンディングを始めるのはまだ先の話ではありますが、その際はどうか決済手続きをするその「数分」を僕にください。

小休憩している、ケータイを触る、ボーッとするその数分。

 

マジでリターンどうしよう。

ご存知ない方に説明すると、支援金額に応じて商品だったりサービスだったり命名権だったり。リターンって色々あるんです。

でも今回の場合は復旧支援なので…商品などのお礼はできそうにありません。(期待してた方申し訳ない)

 

あとは…

クラウドファンディングによる寄付金募集は、何回か行おうと思います。

まずは低い目標設定で確実に寄付できるように調整して、その度の支援額に応じて上限を上げていき、継続的に寄付が出来るようになれれば最高ですね。

なるべく満額を寄付に回したいですが、数回目で0.5〜1%を活動資金として頂くようになるかも。そこは2の次3の次ですが。

 

まずは現状把握。行ってきます。

【協力求む】災害の爪痕は凄まじい。佐賀県の今

「豪雨災害」

中国地方・九州地方の人間ならば覚えていると思う。

2009年夏、死者31名・負傷者55名にも及んだ「平成21年7月中国・九州北部豪雨」

死者多数、目に見える山々は地滑りだらけ、各地で床下・床上浸水の被害が出ました。

そんな災害が起きてから、毎年どこかで豪雨災害が起きているような気がする。

僕も数時間、もしくは数十分に一度鳴り響く町内放送のサイレン音に怯えた一人です。

あれは本当に怖かった。

ja.wikipedia.org

 

2019年夏、九州を襲った大雨で佐賀県 武雄・大町町(おおまちちょう)周辺が甚大な被害を受けました。

恥ずかしい話あまりテレビを見ないので、ここまで大事態になっているとは知りませんでした。

仕事の息抜きにヤフーニュースを見ていると、鉄工所から流出した油によって農作物が壊滅し、行き場のない怒りと悲しみに打ちひしがれた記事を見つけた。

headlines.yahoo.co.jp

 

山口・九州の豪雨災害から10年。今僕は福岡に住んでいる。記事にあった佐賀県大町町までは電車で1時間少々。何もせずにただ傍観するだけでいいのか?あの恐怖体験をしたからこそ、何か、何か出来ることがないか?とウズウズした。

 

クラウドファンディングがあるじゃないか。

 募金を集めるような時間は取れない。

でも何も出来ないのも歯がゆい。

そうだ。クラウドファンディングなら僕にも出来るんじゃないのか。

でもまずは準備が必要だと思う。皆様から協力を得るには何が必要か。それは「リアリティ」だと思う。

今週末、僕は佐賀県大町町まで写真を撮りに行くことにした。雨っぽい予報ではあるけど、幸い台風は逸れてくれそう。

車も持ってなければ運転も出来ないスーパーペーパードライバーなので、電車のみで現場に辿り着けるかはちょっと不安。でも僕はやる。10年前、身近に迫った恐怖を味わったからこそ、動きます。

 

正直なところ、クラウドファンディングのリターンをどうしようとか、22歳の一般社員が達成できるのかとか、まだまだフワフワした部分がたくさんなので…まずは佐賀県の現状をこの目で見てこようと思います。

どうか、ご協力お願いします!!!!

 

もしよければ、記事の共有もお願いします。